骨粗鬆症が原因で骨折してしまう方は年々増えています。
以前骨粗鬆症の治療薬としてビビアント錠について説明しました。

今回は別の作用機序であるベネット錠について説明します。

スポンサーリンク


ベネット錠の効果

ベネット錠の効能・効果は骨粗鬆症だよ。
※ベネット錠17.5㎎のみ骨ページェット病に適応あり。
ビビアント錠とは作用の仕方はどのように違うのですか?

ビビアント錠の作用の仕方は女性ホルモンであるエストロゲンの受容体に作用して骨を丈夫にする薬でした。ベネット錠の作用の仕方はビビアント錠とは異なります。

ビビアント錠について

ベネット錠は骨を破壊する破骨細胞に対してその働きを抑制する効果があります。

私達の体には骨を破壊する細胞があるのですか?

骨を破壊する細胞と聞くと悪い細胞のように思えますがそうではありません。
この破骨細胞と骨を形成する骨芽細胞のおかげで私達の骨は丈夫に保たれているのです。

破骨細胞が古い骨を破壊し、骨芽細胞が新しい骨を形成する。このことをリモデリングという。

骨粗鬆症の患者さんの多くはこの破骨細胞が働きすぎていて骨がもろくなっている状態です。
ベネット錠は破骨細胞を落ち着かせてリモデリングのバランスをとっている薬と考えてもらうといいですね。

ベネット錠の飲み方

次に用法・用量を確認しよう。

ベネット錠2.5mg
成人はリセドロン酸ナトリウムとして2.5mgを1日1回、起床時に十分量(約180mL)の水とともに経口服用する。なお、服用後少なくとも30分は横にならず、水以外の飲食並びに他の薬剤の経口摂取も避けること

ベネット錠17.5mg
成人はリセドロン酸ナトリウムとして17.5mgを1週間に1回、起床時に十分量(約180mL)の水とともに経口服用する。なお、服用後少なくとも30分は横にならず、水以外の飲食並びに他の薬剤の経口摂取も避けること。

ベネット錠75mg
成人にはリセドロン酸ナトリウムとして75mgを月1回、起床時に十分量(約180mL)の水とともに経口投与する。なお、服用後少なくとも30分は横にならず、水以外の飲食並びに他の薬剤の経口摂取も避けること。

スポンサーリンク


ベネット錠には3つも規格があるのですね。

最初はベネット錠は2.5mgしかありませんでした。
しかし毎日朝から服用後30分横にならず、食事や他の薬の服用を控えるのは大変でした。

そこでメーカーが服用の負担を減らすため1週間タイプ、1ヶ月タイプの薬を開発しました。

1ヶ月に1回の服用は楽ですね。
でももし飲み忘れたらどうすればいいのですか?

1ヶ月タイプのベネット錠の場合は同じ日に服用することが基本です。
もし飲み忘れた場合は翌日に服用してください。

その後はまた最初に決めた日に服用すれば大丈夫です。
間違っても昼食後や夕食後に服用しないように気を付けましょう。

他に飲み方で気を付けることはありますか?

カルシウムやマグネシウムを含んだ飲み物と一緒に服用すると薬の吸収が下がってしまいます。
骨を強くするために牛乳と一緒に飲んだり、普段ミネラルウォーターを飲んでいる人はベネット錠と一緒に服用しないように気を付けましょう。

ベネット錠の副作用

ベネット錠で気を付けるべき副作用はありますか?

たまに起こる副作用として下痢、胃不快感、消化不良などの消化器症状があります。
またベネット錠の飲み方にも記載しましたが服用後横になってしまうと食道にひっかかる恐れがあります。30分間は横にならないように注意しましょう。

ビビアント錠の時も話題にあがりましが抜歯が影響するのですか?

件数は非常に少ないですがベネット錠などのビスフォスフォネート製剤を服用していて抜歯などの歯科治療をうけた方が顎骨壊死、顎骨骨隨炎を発症したという報告があります。

ご高齢になると入歯の調整など歯科医院に通うことも多くなります。
抜歯などの治療をすることになったら一度医師に相談しましょう。


いつも記事を読んでいただきありがとうございます。質問、疑問は下のコメント欄にお願いします。(服用の継続可否については担当医に相談してください)
スポンサーリンク