メビウス先生。尿路結石の痛みはどうですか?
少し鈍痛があるけど。落ち着いているかな。
万が一のためにボルタレンサポも持っているし。心配ないよ。
ボルタレンサポですか。名前だけは聞いたことがあります。最初に聞いたときはサポ?って思いましたが。

ボルタレンサポって坐薬なんですよね。

ボルタレンサポは坐薬だよ。サポは坐薬を意味する英語の「サポザトリー(Suppository)」が語源になっているよ。

痛みが強い疾患にはよく使われる薬なんだ。
それじゃ今回はボルタレンサポについて学んでみよう

 


みなさん。今日も記事を御覧になっていただきありがとうございます。

尿路結石の激痛がでないか常にヒヤヒヤしているメビウスです。

早く結石でないかな~(^_^;)

さて以前に私が書いた尿路結石の体験記はみていただけたでしょうか?

まだ尿路結石になったことがない人は

想像がつかないと思うので一度ご覧になって下さい!!


その体験談で私が尿路結石の激痛を抑えるために使ったボルタレンサポですが

鎮痛効果も強く効き目が早いため強い痛みがでる疾患にはよく使われます。

今回はこのボルタレンサポについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク


ボルタレンサポの禁忌は意外に多い

それではボルタレンサポの添付文書で
特徴を確認していきます。
まずは禁忌(使ってはいけない人)ですね。
それではクスリ君よろしく!!
はーい。今日はボルタレンサポについてですね。
禁忌は以下のようになってます。

  • 消化性潰瘍のある患者
  • 重篤な血液の異常のある患者
  • 重篤な肝障害のある患者
  • 重篤な腎障害のある患者
  • 重篤な高血圧症のある患者
  • 重篤な心機能不全のある患者
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 直腸炎、直腸出血又は痔疾のある患者
  • アスピリン喘息
  • インフルエンザの臨床経過中の脳炎・脳症の患者
  • 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人
  • トリアムテレンを投与中の患者

ボルタレンサポって結構使ってはいけない人が
多いんですね。
そうだね。だから他の薬もそうだけど友人からもらったとか
家族の余った薬があったからといって自己判断で薬を使うのは絶対にやめるようにしよう。

このようにたくさんの禁忌事例が並んで驚いた方もいるかもしれませんが

きちんと医師と問診をしてボルタレンサポが処方されたのなら使用して問題ないです。

禁忌事例の中でも特に

  • 消化性潰瘍のある患者→潰瘍が悪化
  • アスピリン喘息→喘息を誘発
  • インフルエンザの臨床経過中の脳炎・脳症の患者→症状が悪化、予後不良
  • 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人→動脈管収縮、胎児死亡例もあり
  • トリアムテレンを投与中の患者→急性腎不全をおこすことあり

は比較的対象者が多く、症状も重大なので注意が必要です。

ボルタレンサポの適応

次は適応です。

○下記疾患並びに症状の鎮痛・消炎
 関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、後陣痛

○手術後の鎮痛・消炎

○他の解熱剤では効果が期待できないか、あるいは、他の解熱剤の投与が不可能な場合の急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)の緊急解熱

添付文書でみると難しく見えるけど簡単にまとめると
痛い時か熱を下げたい時に効きますよということだね。
メビウス先生の尿路結石による痛みは記載されていませんね。
よく気づいたね。あえていうなら腰痛かな?
実際は尿路結石の痛みによく効くけどね。
次は用法です。

大人
ジクロフェナクナトリウムとして通常1回>25~50mgを1日1~2回、直腸内に挿入するが、年齢、症状に応じ低用量投与が望ましい。
低体温によるショックを起こすことがあるので、高齢者に投与する場合には少量から投与を開始すること。

子供(15歳以下)
ジクロフェナクナトリウムとして1回の投与に体重1kgあたり0.5~1.0mgを1日1~2回、直腸内に挿入する。なお、年齢、症状に応じ低用量投与が望ましい。
低体温によるショックを起こすことがあるので、少量から投与を開始すること。

スポンサーリンク


僕の場合は成人だからボルタレンサポ50mgを使ったよ。もし高齢者に使う場合は臓器の機能が低下している可能性があるからもっと少ない量で使うかな。

ボルタレンサポは50㎎以外に12.5mg、25mgがあります。

用量の加減は大切ですね。
ボルタレンサポは子供にも使われるのですか?
たしかに添付文書上は子供にも使えるけど実際はあまり使われないかな。

禁忌の項目でも確認したけどボルタレンという成分はインフルエンザ脳炎・脳症の危険性があるんだ。この症状は子供に多く報告されているんだよ。

そうなんですか。添付文書に書かれても実際はあまり使われないこともあるんですね。

子供の解熱や痛みに対してはどのような薬が使われるのですか?

子供の場合は成分としてはアセトアミノフェンがよく使われるよ。商品名ではアンヒバ坐剤、アルピニー坐剤、カロナール錠剤、カロナール細粒があるよ。

ボルタレンサポの効果

メビウス先生が実際にボルタレンサポを使った場合どのくらいで効果を実感できましたか?
う~ん。痛みが強くてあまり覚えていないけど。だいたい1時間ぐらいかな。でも時間については個人差や痛みの程度によって変わるから一概には言えないけどね。
・鎮痛効果の場合50mg投与で10~90分(平均34.2分)
解熱効果の場合25mg投与で30分

ボルタレンサポの使い方

ボルタレンサポを使う時に気をつけることはありますか?

痛みが強いとどうしても何回も使いたいと思ってしまうけどボルタレンサポが使えるのは1日最大2回までだから注意しよう。

また間隔は最低でも6時間以上あけることも大切だね。

・解熱効果持続時間ボルタレンサポ(25mg)で約6時間
・鎮痛効果持続時間ボルタレンサポ(50mg)で使用後90分~18時間(平均5時間)
投与制限もあるんですね。
他にも気を付けることはありますか?
ボルタレンサポは温度が高いと坐薬が溶けてしまうから保存方法は冷所保存(1~15℃)だよ。

だから基本は冷蔵庫で保存しよう。

ボルタレンの副作用

ボルタレンサポで注意すべき副作用はありますか?
副作用は少ないほうだけど下痢・便秘・腹部不快感・悪心等の消化器症状の報告が若干あるよ。でも下痢については坐薬という剤型上、肛門を刺激してしまうからしょうがないかな。
目立った副作用が少ないのは安心ですね。

みなさん。ボルタレンサポについて少しは理解していただけたでしょうか。

ボルタレンサポは激しい痛みに効くのでよく使われますが

使い方を間違えないように気を付けて使いましょう。

いつも記事を読んでいただきありがとうございます。質問、疑問は下のコメント欄にお願いします。(服用の継続可否については担当医に相談してください)
スポンサーリンク